黒輔下水処理場

こくほげすいしょりじょうと読みます。絶賛見学受付中です。

【意外】ガチで運動経験ゼロの自分が、トレーニングジムに通い始めてみた

どうも、黒輔です。

 

タイトル通りのお話をしたいと思います。

自分ほんと運動はからっきしで・・・50m走ではやたら遅く、シャトルランでは割と最初の方に脱落、もちろん非運動部だし、周囲の冷たい目線を感じながら体育の時間を決死の思いで乗り切る、そんな経験がきっと運動が苦手な方にはおありでは?まあ高校が終わってからは、体育の授業なんてないんでだいぶ気が楽ですけど(笑) 特段苦手でない方は、なんで僕らがそんな卑屈になってんのか分からないんでしょうけど、長年の経験の積み重ねって伊達じゃないんですよね〜。

 

それで、何故それほどまでに運動苦手な自分がジムなんぞに通い始めたのかというと、実生活に耐えうる体力をつけたくなったのと、筋肉をつけて体重を増やしたいと思った(標準体重に10kg弱足りません)のが主な理由です。単純に、コンプレックスの克服っていうのも少しあります(笑) 

 

まだ始めたばかりなので、身体の変化はどうとかは特にないんですが、気づいたことがあります。

 

ウォーキングが気持ちいい(笑)

 

ランニングマシンに乗り、マシンについてる画面で流れる田舎な風景をボーッと眺めながら何も考えずにひたすら歩くのが気持ちいいんですよ。普段のいろいろな思考や情報の海から解放される感じというか。本当になんも考えなくていいので、歩いてるだけなのに新鮮さすらある。これには自分もびっくりしましたよ。マシンの画面使ってテレビとかYouTubeとかも見られるんですが、特に何も流さない方が自分にはしっくりきますね。もちろん、見ながらやってる方も多くいらっしゃいますが。

 

そんなのその辺でウォーキングすれば良いじゃないか、無料だし、という方もいらっしゃるかと思いますが、特に運動苦手な方なんかはどうしても、他人の目線を必要以上に気にしてしまう方とか、気が散ってしまいがちな方なんかにはマシン乗って歩くなり走るなりするのが結構おすすめです。信号待ちでペース乱れたりしないし。

 

ぼくが利用しているジムは24時間営業で好きな時間に行けるし、目的別トレーニングメニューのフライヤーも置いてあったり、マシンには簡単な使い方と鍛えられる部位の表示があるので、ガチ初心者でも戸惑わずに利用ができました。こういう点もありがたいですね。アルコールとタオルも備え付けで自分で掃除するシステムなんで、万が一、一週間もフロに入ってないヤツがチンポいじった手で同じダンベル持ち上げたりしてても安心ですよ。

 

ただ近くにジムがないとかでどうしても行けない方はアプリを利用するのがいいですね。

 

それではまたー。

 

【もう7年半】東日本大震災回顧録

どうも、黒輔です。

 

※個人的な東日本大震災体験談を書いていますが、不快になる方はお読みにならないようお願い致します。ここのところ災害が続き、震災の頃が思い出されたのですが、案外記憶が薄れていることに気付き、これ以上忘れていかないようにと書くことに決めました。

 

 

続きを読む

【感想】MCU第20作『アントマン&ワスプ』を観てきた

どうも、黒輔です。

 

2018年も早いもので、残り3分の1を残すのみとなりました。それなのに、「今年まだなんもやってねぇな」感はなんなんでしょうかね。まだだ、まだ慌てる時間じゃない・・・

 

先月(8月)はそれほどブログを更新できなかったんですけど、1000ほどアクセスがあったみたいです。観に来てくれる方、どうもありがとうございます。今月はもう少しブログを更新できるようにしたいな。

 

【映画パンフレット】アントマン&ワスプ 監督:ペイトン・リード 出演:ポール・ラッド エヴァンジェリン・リリー マイケル・ダグラスほか

さて、8/31公開の『アントマン&ワスプ』を観てきました。前作のコメディ調テイストそのまんまで、見たことある方には安心して、ご家族でもご鑑賞いただけます。(アリが死ぬほど苦手だって方にはおすすめできませんが・・・)観てない方は9/7に地上波で放送するからチェックしてくださいね。

 

続きはぽちっと

 

続きを読む

【レポート】『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』に行ってきました

どうも、黒輔です。

 

先月末より、仙台市内で開催されている『マーベル展』にせっかくなんで行ってきました。

f:id:kurosuke303:20180812155838j:image

 場所は画像の通りですが、JR仙台駅東口から出てほんとに歩いて3分くらいの場所でやってます。入場料は大人1200円、高校・大学生1000円。決して大ボリュームの展示会ではありませんが、コスパは良い方だと思います!

f:id:kurosuke303:20180812160354j:image

建物に入るとハルク像がお出迎え。でけ〜!!やはりデカさ=印象の強さ。来場客の掴みとしては充分なんじゃないでしょうか。誰かと来ていれば一緒に写真でも撮りたかったんですが、生憎周りの友人達はマーベル知ってる人がおらんので・・・

 

中に入ると、スタン・リーのメッセージやマーベル社の歴史についての解説ボードが。第二次世界大戦の最中にキャプテン・アメリカというキャラクターが生み出されたこと。(ヒトラーをぶん殴ってる表紙が有名ですよね)また、その後の世界で一時代を築き、DCコミックを抜くも、倒産の危機に陥ったこと。さらに、様々な表現規制に対抗したことも強調されていたように感じました。この点は中々興味深いですね。その一例として、トニー・スタークがアルコール中毒になっている表紙なんかが掲載されてました。たしかに、子供に見せるにはやや刺激が強いのかもしれませんが、それを覆い隠すのは本当に良いことなのか?というのを探していたのでしょうか。

 

さて、それが終わると、各ヒーローとその登場映画の紹介パート。MCUがメインでしたがX-MENデッドプールの紹介もきちんとありました。いつか映画での競演も見たいですが・・・(ウルヴァリン役は是非とも本人の希望通り、ヒュー・ジャックマンで!)各キャラクターの簡単な紹介パネルもありましたが、やはり映画ファンとしては衣装展示が目玉だったのではないでしょうか。映画を観てる間は衣装をまじまじと見れる訳ではないので・・・。スター・ロードの衣装とかいかにも高価そうな素材で、惚れ惚れでした。セルDVD & Blu-rayにしか入ってないメイキング映像も見れます(笑)

 

映画だけでなく、コミックの原画もあちこちに。アメコミの画風(特に昔のもの)は今の日本の漫画とかなり雰囲気が違いますけど、それでも迫力感じることができますねー。あと、アメコミは線画の人と着色する人、セリフをつける人が基本的に分かれているらしく、コミックの制作もアメリカらしさを感じられます(笑)

 

さらには、マーベルのキャラを日本人作家が描いてみる、という企画もあったようで、村田雄介さんなど10人くらいかな?の絵が掲載されてました。

 

会場内はもちろん撮影・録音・携帯電話使用は禁止なのですが、一部撮影が許可されていましたので、スマホ画質ではありますがひと通り撮影しました。


f:id:kurosuke303:20180812163724j:image

f:id:kurosuke303:20180812163728j:image

f:id:kurosuke303:20180812163720j:image

f:id:kurosuke303:20180812163716j:image

 アイアンマン マーク1 2 3 7

f:id:kurosuke303:20180812163820j:image

マーク7の上半身アップ


f:id:kurosuke303:20180812163816j:image 

スパイダーマン/ホームカミングに登場したマーク47


f:id:kurosuke303:20180812164435j:image

f:id:kurosuke303:20180812164439j:image

アントマン像。今月のアントマン&ワスプの宣伝も兼ねて、のようでしたがそのバージョンのスーツなのでしょうか?

 

f:id:kurosuke303:20180812164045j:image

マーベル・スタジオ10周年記念パネル・・・の中のブラックパンサーのパネル。スーツの光る部分、あれ文字だったんですね・・・芸が細かいっす。王様もサノスに消されちゃったけど続編はあるんですかね?

 

と言うわけでマーベル展、ファンならそこそこの値段で結構楽しめますので、チャンスのある方は見に行くことをオススメします。仙台会場は8/26に終わってしまいますが、12月17日から2月15日まで大阪でやるようです。去年からずっと日本全国を巡回して来て大阪が最後のようなので、是非!

 

【感想】劇場版『仮面ライダービルド』『ルパンレンジャーvsパトレンジャー』を観て来た

暑いですね。黒輔です。

先月、ブログのPVがだいたい3400ぐらいありました。どうもありがとうございます。twitterアカウントが凍結されるなど予想外の事態もありましたが、ブログは続けられる限り続けていきたいと思ってます。

 

劇場版 仮面ライダービルド Be The One オリジナルサウンドトラック

※こんなシーンはなかった

 

さて、本日大公開劇場版ビルド・ルパパトをさっそく観て参りました。

 

ビルドのほうは、劇場版のサブタイトルが主題歌と同じ!という期待を煽る仕様になってまして。

ルパパトのほうは、まぁビルドのオマケかな~ってノリでみはじめたらこれが予告されていた怪盗・警察の絡みだけでなく映像面でもめちゃくちゃよかった。

 

続きはネタバレに注意しつつぽちっと

続きを読む